音痴を治す方法!音痴になる原因はこの3つだった・・・。

音痴の原因は何か!それは・・・

音痴で悩んでいる方、カラオケが苦手な方へ

「自分は歌が歌えない」、「歌が苦手」、「音が合わない」・・・。
など音痴悩んでいる方は思っていると思いますが、
でも音痴になってしまう本当の原因ってご存じですか?

本当の原因を知る事!それが音痴を直すための一番の近道です!
原因を知り、なぜ歌えないのをはっきりと認識し、自身が出来ない事へ適格に意識したり練習をすれば、必ず音痴は治ります!

音痴になってしまう原因は大きく分けて3つ

  1. 音程が合わない
  2. リズムが合わない
  3. 声が出ない

以上になります!
音痴の方は必ずこの3つのうちどれかに当てはまります。
ここからは3つの原因について詳しく説明していきます!

音痴の原因①音程が合わない

音痴の原因というとほとんどの人がこの音程が合わない事を思い浮かべると思います。
自分の声の高さと、出したい声の高さが違っている状態です。

歌にはメロディがあり、その正しい音程で声を出さないと音痴になってしまいます。
ではどうやって正しい音程で歌えるようになるか?
それはいきなり歌を歌わずに、簡単な発声練習から始めるのがおススメです!
歌は複雑なリズムにメロディが付いて、それに歌詞も入りますのでかなり難易度が高いんです。
ですが発声練習なら単純なリズムで簡単なメロディから始められます。

発声練習など基礎練習をせずに、いきなり歌を歌うのは、
自転車に乗りたてでいきなりレースに出るような物です。

まずは簡単な発声練習から始め、正しい音程で歌う感覚を掴む事、間違っている時に気持ち悪い事がわかる事が大事です!
そして複雑な発声練習に進み、歌にチャレンジしましょう!

ほとんどの方はこの方法で必ず音感がよくなり、音程が改善されます。

音感があるから、間違っているのがわかる

カラオケなどで歌っていて自分の声がなんか違う・・・。
なんでかわからないけど、気持ちよく歌えない・・・。

こんな事を感じる方は、安心してください!正しい音感がある証拠です!
音感があるから、自分の声が間違っている事がわかっています。

間違っているかもわからない方は

自分の出している声が正しいか間違っているかわからない方は、
誰かに正しい音程を教えてもらいましょう!

一番てっとり早いのはボイストレーナーに聞く事です。
自分の出している声の高さと出したい声の高さが合っているか、間違っているか、また間違っている時は高くなってしまっているか、低くなってしまっているかを教えてくれます。
正しい音程で声が出せている状態を何度も体感して、耳と声を鍛え音感をつけていきましょう!

こちらのページでは簡単な発声練習の音源を上げていますので、ぜひ練習してみてください。

練習用音源一覧

音痴の原因②リズムが合わない

  • 歌い出しがわからない
  • 歌がどんどん遅れる
  • カラオケの字幕の色が変わるのを頼りに歌っている
    などに当てはまる方は、リズム音痴に当てはまります。

音程が合わせない事と、リズムが合わない事、これはまったく違う事です。
音痴=音程が合わない、と思っている方がたくさんいると思いますが、
実はリズムが合わないから音痴になっている方もたくさんいます。

音程よりリズムが大事

歌は一定のリズム進み、そのリズムの上にメロディと歌詞をのせる事で作られています。
ですのでせっかく音程が正しくでもリズム(歌うタイミング)が違うと音痴に聞こえてしまうのです。
逆に音程が多少不安定でもリズムが正しければ音痴に聞こえないという事もあります。

リズム音痴の治し方

  • リズム感を鍛えるために一番簡単な方法!
    それは手拍子をする事です、自分の好きな歌に合わせて手拍子をする、手拍子の仕方は大きくリズムをとったり細かくリズムをとったりしましょう。
  • 基礎練習から始める
    メトロノームを使ってもいいですし、ドラム音源などを使ってもいいですが、
    ゆっくりなリズムから確実に練習をしていく方法もおススメです!
    詳しい練習方法についてはこちらの動画と一緒にやってみてください。

音痴の原因③声が出ない

正しい音程とリズムで歌えるのに、音痴になってしまう人はこれが原因になると思います。
それは声が出ない事です。

  • 高い声が出ない
  • 低い声が出ない
  • ウラ声が出ない
  • 大きい声が出ない
  • ハッキリと通る声が出ない

せっかく音感とリズム感があるのに、声が出ないせいで音痴になってしまうのはもったいないです!
声を出すために必要な事は1つ!「発声練習」です。

おススメの方法は、ハミング!
声が出しずらい人はいきなり大きな声や高い声を出そうとしても喉を傷めてしまう可能性が高いです。
まずはハミングで声を慣らしていきましょう。
ハミングとはン~といった鼻歌の音です。これを1日少しずつでもやるとだんだんと声が出るようになりますよ!

軽く、ウラ声も使って

歌と一緒にハミングをする場合メロディが高い所はウラ声で歌うようにしましょう。
地声で頑張っても喉を傷めだけで、地声が高くはならないからです。
ウラ声を多用する事で地声も高くなり高音が出せるようになります。

低音は胸に響かせる

また低い声が出ない人はハミングで低い声を出しながら、胸の骨を触りながら声を出してみましょう。ここで意識する事は声を骨に響かせる事です。骨が震えるのを感じながら声を出すようすると低音の声が豊かになり大きくなります。
合わせて舌の奥を下げるように意識すると胸の方に響きやすくなりますのでやってみてください。

音痴の原因と治す方法3つのまとめ

音痴になってしまう原因は、

1.音程が合わない

2.リズムが合わない

3.声が出ない

の3つのどれかに当てはまります。

音程とリズムを合わせる方は、まずは簡単な基礎練習から行う事!
これが一番確実です。

そして声を出すコツはやっぱり日頃から声をよく使い歌う事です。

上記に詳しく書いてありますので、ぜひ参考にしてください。
音楽をもっと楽しめるお手伝いが出来れば嬉しいです!

「音痴を直すための通信レッスン」では無料体験レッスンも受け付けております。
気になる方はぜひお気軽にお申込みください!