第1条(本規約の適用等)
レッスン利用規約(以下「本規約」という)は音痴を直すための通信レッスン(以下「当教室」という)の運営する通信レッスン・サービス(以下「本サービス」という)の利用条件を定めたものです。本規約は、本サービスの利用者及び利用をしようとする方(以下「利用者」という)と当教室の一切の関係に適用されるものとします。

第2条(本サービスの目的)
利用者が本サービスを利用し、オンラインレッスンを通して音痴改善を目指し音楽を楽しんでいただくことを目的とします。

第3条(本サービスの利用者)
本サービスを利用するには、以下の全てを満たす必要があります。
音痴を直すための通信レッスンの会員(以下「会員」という)であること
本サービスの通信レッスンの受講を希望し、本規約に同意していること
20歳以上であること(未成年の場合は保護者の許可が必要)
前項の条件を満たした場合においても、本サービスの利用に支障がある、秩序を乱す恐れがあると認められた場合は本サービスの利用をお断りすることがあります。

第4条(本サービスの登録手続き)
以下の手続きを完了することで、本サービスの申込みが可能となります。
当教室のホームページより体験レッスン申し込み
本規約の確認、同意
本サービス受講のための料金支払い

第5条(利用登録)
本サービスにおいては,登録希望者が本規約に同意の上,当教室の定める方法によって利用登録を申請し,当教室がこれに対する承認を登録希望者に通知することによって,利用登録が完了するものとします。
当教室は,利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合,利用登録の申請を承認しないことがあり,その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
本規約に違反したことがある者からの申請である場合
その他,当教室が利用登録を相当でないと判断した場合

第6条(売買契約)
本サービスにおいては,ユーザーが当教室に対して購入の申し込みをし,これに対して当教室が当該申し込みを承諾した旨の通知をすることによって売買契約が成立するものとします。
当教室は,ユーザーが以下のいずれかの事由に該当する場合には,当該ユーザーに事前に通知することなく,前項の売買契約を解除することができるものとします。
ユーザーが本規約に違反した場合
その他当教室とユーザーの信頼関係が損なわれたと認める場合
本サービスに関する決済方法,購入の申し込みのキャンセル方法,または返品方法等については,別途当社が定める方法によります。

第7条(本サービスの有効期限)
お急ぎコース6回の有効期限はサービス購入日から半年までとする。
しっかりコース12回の有効期限はサービス購入日から一年までとする。
ゆっくりコース18回の有効期限はサービス購入日から一年半までとする。
有効期限内に受講されなかった通信レッスンは、有効期限日翌日の午前0時に失効となります。
利用者が通信レッスンを受講できない場合において、当教室はレッスンの買取及び返金は行いません。
利用者が、音痴を直すための通信レッスンを退会した場合、レッスンの残り回数・有効期限にかかわらず全て失効となります。また、再入会しても、レッスン受講はできないものとします。

第8条(追加レッスン、オプションレッスン)
追加レッスン(1回40分)の利用者は、お急ぎコースしっかりコースゆっくりコースとは別に、当教室が定める代金を支払うことで受講できるものとします。
代金の支払いは、当教室が指定する方法によるものとします。
レッスンの有効期限は代金支払い日より3ヵ月間とし、理由を問わず有効期限の延長はいたしません。
有効期限内に受講されなかったレッスンは、有効期限日翌日の午前0時に失効となります。
利用者がレッスンを受講できない場合において、当教室はチケットの買取及び返金は行いません。
利用者が、音痴を直すための通信レッスンを退会した場合、チケットの保有枚数・有効期限にかかわらず、チケットは全て失効となります。また、再入会しても、チケットは返却されないものとします。

第9条(レッスンの予約)
レッスン希望日の二か月前からレッスンの予約が可能です。
レッスン時にユーザーとインストラクター双方がご予約を承認することによって予約が確定します。
メールにてユーザーとインストラクター双方がご予約を承認することによって予約が確定します。
当教室にお電話にてご予約を取得する場合、当教室とユーザーとインストラクターがご予約を承認する事で予約が確定します。
インストラクターの空き状況及び予約状況により、予約日、時間のご希望に添えない場合もあります。

第10条(レッスンのキャンセル)
レッスンをキャンセルする場合は、必ず事前にメールにてキャンセルの申請をしてください。
レッスン開始時間の24時間前までにキャンセルの申請をいただいたレッスンに関しては、レッスンを消費しないものとします。
レッスン開始24時間前を過ぎてのキャンセルの申請については、レッスン1回が消費されるものとします。
レッスン終了時間前にキャンセルの申請がなかった場合、無断のキャンセルとして、レッスン1回が消費されるものとします。

第11条(レッスンを担当するインストラクター)
インストラクターの都合や退職によりユーザーが希望するインストラクターでご予約とレッスンが出来ない場合があります。
希望するインストラクターでレッスンが出来ない場合は当教室に在籍する他のインストラクターにてレッスンを行います。
希望するインストラクターでレッスンが出来ない場合も返金は致しません。

第12条(諸規則の遵守)
利用者は本サービスを利用するにあたり、本規約、当教室インストラクターの指示に従うと共に、公序良俗に反する行為、社会秩序を乱す行為はしないものとします。仮にこの内容に関して違反した場合は、警告、本サービス利用の停止または音痴を直すための通信レッスンの退会などの処置を講じる場合があります。

第13条(利用資格喪失)
利用者は以下に該当する場合、本サービスの利用資格を喪失し、本サービスに関する如何なる権限をも喪失するものとします。
なお、諸費用は返金しないものとします。また、その理由を示すことなくこれを行うことができるものとします。
次条の禁止事項に該当する行為があり、当教室が悪質と判断した場合
過去の利用資格喪失者であると判明した場合
当教室が利用資格喪失の必要があると判断した場合
音痴を直すための通信レッスンの会員でなくなった場合

第14条(禁止事項)
利用者は、本サービスのレッスン受講その他に際して、以下の行為を行ってはなりません。
本サービスを利用する権利を他者に譲渡し、使用させ、売買し、名義を変更し、質権を設定しまたは担保に供する行為
当教室またはインストラクターその他第三者の名誉、信用、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、肖像権、プライバシーを侵害する行為
インストラクターの許可なく実演・演奏、肖像等を録音・録画、撮影する行為
犯罪・違法行為、公序良俗に反する行為
本サービスの運営を妨げる行為、レッスン受講に不適当な行為
インストラクターへの個人的な質問、嫌がらせ、暴言、脅迫、誹謗中傷、不良行為等のレッスンの妨げとなる行為
当教室スタッフ、インストラクターへの宗教及び他団体への勧誘、並びに物品販売
当教室のスタッフ、インストラクターに対して迷惑となる行為
一つのアカウントを複数のユーザーで利用する行為
一人で複数のアカウントを登録する行為
なりすましや、レッスン利用者本人以外の第三者が受講する行為
レッスン予約のキャンセル、無断キャンセルを繰り返す行為
その他、当教室が不適切、不適当と判断する行為
前項の禁止行為に該当または当教室もしくはインストラクターの注意・指示・警告に従わない場合は、実施中のレッスンを強制終了することがあります。
利用者は、第1項に違反する行為に起因して、当教室、インストラクターまたは第三者に損害が生じた場合、本サービスの利用停止、利用資格喪失後であっても、全ての法的責任を負うものとします。
法令または公序良俗に違反する行為
犯罪行為に関連する行為
本サービスに含まれる著作権,商標権その他の知的財産権を侵害する行為
当教室のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり,妨害したりする行為
本サービスによって得られた情報を商業的に利用する行為
当教室のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
不正アクセスをし,またはこれを試みる行為
他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
他のユーザーに成りすます行為
当教室のサービスに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
その他,当教室が不適切と判断する行為

第15条(利用制限および登録抹消)
当教室は,以下のいずれかに該当する場合には,事前の通知なく,ユーザーに対して,本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し,またはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。
本規約のいずれかの条項に違反した場合
登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
料金等の支払債務の不履行があった場合
当教室からの連絡に対し,一定期間返答がない場合
その他,当教室が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
当教室は,本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について,一切の責任を負いません。

第16条(知的財産権)
本サービスによって提供されるレッスン教材その他のコンテンツ(以下「コンテンツ」といいます)の著作権又はその他の知的所有権は,当教室及びコンテンツ提供者などの正当な権利者に帰属し,ユーザーは,これらを無断で複製,転載,改変,その他の二次利用をすることはできません。

第17条(ZOOMレッスンシステム)
「ZOOMレッスンシステム」とは、Web会議システム「Zoom」を用いた本サービスのシステムを指すものとします。
当教室が必要と判断した場合は、レッスンシステムを変更することがあります。

第17条(ZOOMレッスンの利用)
レッスンはWeb会議システム「Zoom」のインターネットサービスを利用して提供されます。事前にダウンロードが必要となります。
「本サービスの利用環境」
利用者は事前に自己の責任と費用においてZoomが利用可能な機器(パソコン・webカメラ等)を用意し、機能等についての確認・接続テストを行うものとします。また、Zoomが提示する各規約、ガイドラインを遵守し、正常にレッスンが受講可能な環境を整えるものとします。尚、Zoomが提供するサービスに関する質問、問い合わせ等についてはお答えできません。
「Zoomの利用目的」
当教室と利用者との間でのZoom通信は本サービス目的でのみ使用するものとします。
「利用環境の不具合について」
利用者の利用環境に起因し、レッスンの実施が不能となった場合、当教室はその責任を負わないものとします。レッスン開始後に発生したZoomそのものの機能の不具合について、当教室はその責任を負わないものとします。

第18条(退会)
ユーザーは,退会希望の意思を当教室に伝え当教室から承諾の連絡の際に本サービスから退会できるものとします。

第19条(本サービスの提供の停止等)
当教室は,以下のいずれかの事由があると判断した場合,ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
地震,落雷,火災,停電または天災などの不可抗力により,本サービスの提供が困難となった場合
コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
その他,当社が本サービスの提供が困難と判断した場合
当社は,本サービスの提供の停止または中断により,ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害について,理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第20条(保証の否認および免責事項)
当教室は,本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性,信頼性,正確性,完全性,有効性,特定の目的への適合性,セキュリティなどに関する欠陥,エラーやバグ,権利侵害などを含みます。)がないことを保証するものではありません。
当教室は、本サービス利用時にコンピューターウイルス感染等によって発生したコンピューター・回線・ソフトウェア等の損害と、 また本サービスに使用するソフト、配信ファイルにより、レッスン中、レッスン外の使用で発生したいかなる損害も賠償する義務を負わないものとします。
当教室は,本サービスによってユーザーに生じたあらゆる損害について,一切の責任を負いません。ただし,本サービスに関する当教室とユーザーとの間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合,この免責規定は適用されませんが,この場合であっても,当社は,当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当社またはユーザーが損害発生につき予見し,または予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。
当社は,本サービスに関して,ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引,連絡または紛争等について一切責任を負いません。

第21条(サービス内容の変更等)
当教室は,ユーザーに通知することなく,本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし,これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第22条(本規約の改定)
本規約及び個別規定の改定、変更は当教室の判断により行うことがあります。尚、その効力は全ての会員に及ぶものとします。
前項の変更について、当教室は事前にこれを当教室のウェブサイトにて告知し、会員への個別通知はしないものとします。

第23条(個人情報の取扱い)
当教室は,本サービスの利用によって取得する個人情報については,当教室「プライバシーポリシー」に従い適切に取り扱うものとします。

第24条(通知または連絡)
ユーザーと当教室との間の通知または連絡は,当教室の定める方法によって行うものとします。当教室は,ユーザーから,当教室が別途定める方式に従った変更届け出がない限り,現在登録されている連絡先が有効なものとみなして当該連絡先へ通知または連絡を行い,これらは,発信時にユーザーへ到達したものとみなします。

第25条(準拠法・裁判管轄)
本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。なお,本サービスに関しては,国際物品売買契約に関する国際連合条約の適用を排除するものとします。
本サービスに関して紛争が生じた場合には,当教室の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
以上